生長の家の基本的な教え

生長の家の教えの主な特長は「唯神実相(ゆいしんじっそう)」「唯心所現(ゆいしんしょげん)」「万教帰一(ばんきょうきいつ)」の3つの言葉で表わすことができます。

唯神実相(ゆいしんじっそう)

「唯神実相」の「実相」とは本当にある世界のことであり、唯一にして絶対の神がつくられた世界のことです。実相の世界は神の御徳が充満していて、人間は神の子であり、神と自然と人間とは大調和している世界です。つまり本当に存在するものは唯、神と神の作られた完全円満な世界だけであるという意味で「唯神実相」と呼んでいます。 一方、人間の感覚器官で捉える世界を「現象」と呼んでいます。現象の世界は、全体の膨大な情報量のうち、人間の肉体の目、耳、鼻、口、皮膚で濾(こ)し取ったごく一部の不完全な情報を、脳が組み立て直して仮に作り上げている世界です。ですから、世の中には戦争やテロがあったり、病気などの不完全な出来事があるように見えますが、それらはすべて「現象」であって、本当にある世界の「実相」ではないと説いています。

唯心所現(ゆいしんしょげん)

「唯心所現」とは、この現象世界は人間の心によって作り出している世界であるという教えを表現しています。唯心所現の「心」とは「コトバ」であり、コトバには行動で表現する「身(しん)」、発声音で表現する「口(く)」、心の中で思う「意(い)」の3つがあり、これら身・口・意の三業を駆使することで、唯心所現の法則によって現象世界をいかようにでも作り上げることが出来るのです。唯心所現の法則は厳密かつ公平であり、悪いコトバを使えば、悪い世界が現象世界に現れてしまいます。従って善い世界を実現させようと思うなら、実相世界の善きコトバ、神様の御徳である、智慧・愛・生命をコトバで表現すればよいことになります。

万教帰一(ばんきょうきいつ)

「万教帰一」とは、万(よろず)の教えを一つ(生長の家)にするという意味ではありません。これは後ろから読んで、一つの教えが万の教えとして展開していると説いています。宗教に違いがあるのは国や地域、民族によって服装が違うように、宗教も文化的な違いが現れているからだと言えます。目玉焼きに喩えると、中心部分の黄身を普遍的な根本真理と見立て、それぞれの宗教が共有していると考えます。一方、周縁部分である白身は、文化、民族、時代などの違いによって変化している部分だと考えると分かりやすいでしょう。世界の各宗教が、この中心部分(黄身)の共通性と周縁(白身)の多様性をお互いに認め合うことによって、宗教間の対立は消えることになります。それを端的に表わした言葉が「万教帰一」の教えなのです。

日時計主義で生きる

人は誰でも、明るく幸福な人生を歩みたいと願っています。その明るく幸福な人生を確実に手に入れることができるのが、生長の家の「日時計主義」の生活法です。この日時計主義の生き方は、生長の家創始者・谷口雅春初代総裁が、一九三〇年(昭和五年)の立教当初から提唱されたものです。

日時計の盤面には、時にはこんな標語が書いてある。 "I record none but hours of sunshine." (われは太陽の輝く時刻のみを記録す) 自分はこの標語を「日時計主義」だと言うのである。諸君よ、諸君の家を「生長の家」にしようと思われるならば、できるだけ、輝く喜びの時刻だけを記憶し、語り、思い出せ。喜びに言語の再現力、言葉の創造力を応用せよ、これが秘訣だ。

(『生命の實相』頭注版第七巻〈生活篇〉、27ページ、日本教文社刊)


このように、日時計主義とは、人生の喜びや、美しいこと、ありがたいこと、感動したことなどの明るい面だけを記憶し、語り、思い出す生き方のことです。

心の法則を応用する

日時計主義の生き方によって何故人生が幸福となるのでしょうか? それは、人生という現象世界は自分の心によってつくり出されるという「心の法則」(唯心所現)が働くからです。つまり、明るい心を持てば、その人の周囲に明るい人や明るい事を呼び寄せて明るい人生が築かれ、反対に、暗い心を持てば、暗い人生を呼び寄せることになります。日時計主義では、前者の明るい心を持つために、明るい面のみを記憶し、語り、思い出すという言葉の力で、喜びの感情を増幅させます。さらに、これが習慣化されると、自覚している心の領域の現在意識だけでなく、無意識の領域である潜在意識まで明るさに満たされます。すると、心の法則によって、明るい幸福な人生をつくることができるのです。

悪現象の奥の光明面を見る

日時計主義とは、人生の暗い面や悪現象を放置する生き方なのでしょうか? 決してそうではありません。暗い面や悪現象は、固定した永続的な実体ではなく、先に述べたように、人間の心がつくり出している世界ですから、心が変われば、「暗」は「明」に、「悪」は「善」に変化させることができるのです。 例えば、会社のリストラ、夫婦の不調和、病気などは、悪現象であるとも言えます。しかし、悪現象には、これまでの自分の生き方を方向転換すべきことを教えてくれる〝チャンス〟であるという光明面があるのです。このように心が変われば、自ずと行き詰まりを打開する道が見つかり、問題解決へと力強く歩むことができるのです。

日時計主義は唯神実相の信仰が基

日時計主義の生活法は、何故、悪現象の奥に、光明面を見ることができるのでしょうか? それは、「神が創造した世界には善のみある」という生長の家の「唯神実相」の信仰が基にあるからです。この信仰によって、たとえ悪現象が現れても、背後には〝善きこと〟が必ずあることを見つけることができるのです。日時計主義と、単なるプラス思考やポジティブシンキング(積極的思考)との違いが、ここにあります。